ヘッダー画像

自動車取得税とは

自動車取得税とは、都道府県に納める地方税の一つです。

売買などで取得した自動車の取得価格が50万円を超える場合に課税されます。

この「取得価格」とは、車を購入するときに支払った金額のことではありません。

「自動車取得税の課税標準額及び税額一覧表」というものに記載された基準額に、中古車の場合は新車時からの経過年数に応じた残価率を乗じた金額が取得価格になります。


新車の場合ですと、同じく基準額に付加物の価格をプラスした金額が取得価格になります。

この「取得価格」に5%を乗じた金額が自動車取得税額となります。

ただし、軽自動車の場合は取得価格の3%が自動車取得税額になります。


ですから、実際の販売金額が50万円を超えていても、軽自動車や中古車の場合、自動車取得税の納税義務が生じない場合もあります。

都道府県税事務所に車種・グレード・仕様と年式を伝えれば、自動車取得税の納税義務があるかどうか確認できます。


また、電気自動車やハイブリットカー、低排ガス車の場合、税率の軽減措置もされているので、車選びの判断基準にもなりますね。